180803-04 尾瀬 その1

尾瀬

先週は台風で山に行けませんでしたが、今週末のお天気はいい感じ。

早く週末よ来い、と思いながら平日をやり過ごしてました。

今週末に行くのは尾瀬。
金曜の夜。この前の乗鞍岳に行った時と同様、まずはバスタ新宿に向かいます。180721乗鞍岳 その2 はこちら

相変わらず金曜夜のバスタ新宿は混んでます。
相変わらずファミリーマートには入店のための行列が。
テナント、お客双方がWin-Winになるフロア設計ってきっとあったよね?と不毛なツッコミ。

 

さて、尾瀬号が来たので早速乗り込みます。
おっと、コンセントがついてない・・・。
しかも路線バス並みの席幅。
シートピッチ(前の席との距離)も、なかなかのタイトぶり。
160cm強のわたしでこれくらいなので、大柄の男性はつらいかも・・・。
ちなみに網棚もザックが収容できる高さはないので、ザックはトランクに預けます。
ミニマムなプライベートスペースぶりに不安を覚えたのに加え、残念ながらこの便は満員と残念なお知らせ。
そりゃそうだよねと思いつつ、先が思いやられる・・・と思っていたら運よく隣の人は定刻までに来ず。思わぬラッキー。
おかげさまで、気兼ねせずぐっすり眠れました。途中休憩のSAでの停車も全く気付かないくらい。
あ、ちなみに車内にはトイレがありました。これはありがたい。
目的地は尾瀬戸倉。戸倉からは尾瀬の入り口のひとつ、鳩待峠へのバスが運行されているからです。始発は4:40。
この尾瀬号は時刻表によると尾瀬戸倉に3:30に到着したのち、終点大清水に3:50に着くとなっています。
つまり尾瀬戸倉で1時間以上待たなくてはいけないわけです。
それに配慮しているためなのだと思います。
乗車すぐの車内アナウンスによると、尾瀬号は大清水からまた尾瀬戸倉に引き返してくれるとのこと。
ありがたい、と思うと同時になぜ時刻表に記載されてないんだろう・・・、と思いました。なにか事情があるのかなあ。
というわけで、4時過ぎに大清水を経て尾瀬戸倉に到着。真っ暗。
横にトイレがあるので、着替えを済ませてバスを待ちます。
時刻どおり?だったのかな、眠すぎて覚えてませんが、バスに乗り込み、鳩待峠に到着したのは5:10。時刻表より10分早い到着。

 

私が乗り込んだバス以外にも何台もバスが到着していて、結構な賑わい。
さて、いよいよ尾瀬に向かいます!
その2につづく

コメント