GoProがほしい!

GoPro

9月末。きっかけがないのに唐突にGoProが欲しくなりました。

ウェアラブルカメラが欲しくなったというよりもGoProが欲しい。

下見に家電量販店に行って初めてSONYとかからもウェアラブルカメラが出ていることを知りました。それぐらいGoProはブランドとして確立してるんですね。

レビュー記事を見るとやっぱりGoProがよさそう。

GoPro Hero6レビュー:価格も性能も圧倒的キング!
GoProに6万円を差し出した者だけが味わえる、ただゆっくりにしただけのあまりに美しい世界。アクションカメラのパイオニアであり、王座に君臨し続ける...

そしてHero5よりもHero6の方がやっぱりよさそう。

ビックカメラ | GoProとSONYアクションカムを徹底解説!動画や写真で人気のウェアラブルカメラの人気の秘密に迫る。
人気のGoPro、SONYアクションカムの実際に撮影した動画や写真で徹底解説!モデルの違いが分かる機能比較表など、人気の秘密に迫ります。自撮りやスポーツシーンでも大活躍するウェアラブルカメラ、今すぐチェック!!

Hero6と5の違いは、動画のスペックが違うのと、手ぶれ補正機能、あと音声コントロールとのこと。ふむ。

音声コントロールはさておき、手ぶれ補正と動画のスペックは無視できなさそう。

気になる価格差はと言うと、Hero5(CHDHX-502)は大体3万円台前半~4万円くらいのよう。一方でHero6(CHDHX-601-FW)は上記リンクのビックカメラだと5万円弱。うーむ、1万円の価格差は悩むところです。

そして、調べていくうちにわかってきたのは周辺機器も結構お金がかかりそう。

まず必要なのは身体または装備に取り付けるためのアクセサリー。
それと手ブレを防ぐためのスタビライザー、というかジンバルというらしい。

ジンバルはZhiyun Rider-Mというのが評価よさそう。

参考になったブログはこちら

Zhiyun Rider-Mを買ったので簡単にレビューします - はらですぎ
Zhiyunの小型3軸電子制御スタビライザー「Rider-M」を買いました。 この手のジンバルは数年前に購入してひとつ持っているのですが、Youtubeで使っている人を見ていたら欲しくなってAmazonでポチってしまいました。

と、ここまで調べたのですが値段が結構するので財源を確保せねば、と思って家で眠っているMacBook Airを売ってGoProを買おう!と思い、ソフマップの5のつく日を待っている間になんとHero7が発売されたではないですか!

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-F

created by Rinker

そう思って10月5日。最寄りのビックカメラにMacBook Airを持ち込み、無事5万ポイント以上をゲット!
Hero7はさらに進化していて、ジンバルがなくてもきれいに撮影できるとのことで、これは7を買うしかない!

もともとあったポイントを合わせると7万ポイント近くあります。

しかも昨年秋からビックカメラでもソフマップの買取ポイントが使えるようになったということを買取カウンターで教えてもらったので、その足でカメラ売り場へ。
在庫僅少とのことでしたが、無事Hero7 blackを入手しました!

ついでにSDカードを一緒に買うとSDカードが20%割引になるとのことで、SDカードも。
Hero7は53,460円、SDカードは13,910円が20%オフで11,128円で合計64,588円。ポイントがふっとびました。

SDカードはGoProが推奨しているサンディスクの64GB。

SanDisk SDSQXVF-064G-JN3MD microSDXCカード 64GB CLASS10

created by Rinker

アクセサリはザックにつけるクリップタイプが欲しかったのですが、そのお店では品切れだったので、後日ヨドバシカメラの新宿西口店でgliderのクリップ(1,080円)を買いました。

GLIDER GOPro用トライポッドマウントクリップ GLD5261 GO68B

created by Rinker

装着してみた様子はこちら。

(つづく)それではいざ試し撮りに行ってきます!

コメント