180929八幡平0泊2日

八幡平

9月最後の土日。

関東甲信越は台風の影響で天気が怪しげだったので、東北に足を伸ばすことにしました。

毎度ながら金曜夜のバスタ新宿を出発。

混んでる。

今回はウィラートラベルの高速バスを利用。各座席にコンセントもあるし、隣の席とはパーテーションで分けられていて肘がぶつかることもないので4列ながらも快適。あとは隣の席は女性確約というのもありがたい。

この座席を分けるパーテーションがありがたい!肘ぶつかるのって結構地味にストレスなので。
コンセント。通路席は座席についてます。

 

今回乗ったバスはこのタイプ(ウィラートラベルHP)
http://travel.willer.co.jp/seat/relax/

盛岡駅に着いたのは朝6時過ぎ。ここから3時間ほど時間をつぶす必要があります。

時間をつぶす場所や朝食が食べられるところを調べているうちに、「福田パン」という現地で有名なコッペパンが駅構内の「iwate tetoteto」というお店で売られているらしいことを知りました。

tetoteの店舗。

 

あんバターが一番人気らしいです。

さらに調べると、駅から15分ほど歩いたところに本店もあるとのこと。そして開店は朝7時!

福田パン 長田町本店(食べログ)
https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3001022/

どうせ9時まで暇なので6時45分くらいに駅を出てのんびり本店に行ってきました。

開店直後なのに車が何台も停まっていて店内にも人がちらほら。

といってもさほど待つこともなくパンをゲット!3つ買ってみました。何を買ったかは後で紹介しますね。

注文をするとひとつひとつその場で作ってくれるのがまたいいですね。

JR盛岡駅に戻って、早速1つ目を食べてみます。

ファミマのコーヒーを添えて。

最初は大好きなコンビーフ!ポテトサラダも入っています。

うん、これは美味しい!結構大きくて食べ応えがあって朝食にはうってつけです。

しばらく盛岡駅の待合室にて時間をつぶします。南改札口前の待合室は朝早くから夜遅くまで開いているので助かります。

この前にあるガラス張りの部屋が待合室。

そうしているうちに9時近くになったので、バス停に向かいます。

バス停そばの窓口で自然散策バス(1300円)の片道券を購入。

往復2600円。往復割引はないので行程に合わせて買おう。

9時10分に出発です。バスは空席もちらほら。3連休なのにそこまで混まないのはちょっと意外な気がしました。車で行かれる方が多いんですかね。

11時過ぎに八幡平頂上に到着。

自然散策バスに乗ると無料散策ガイドツアーを受けられるということだったので参加してみることにします。

ガイドさん2名の解説を聞きながら山頂へ向かいます。いろいろな植物について説明してくれました。

 

 

ななかまど

 

黒い卵みたいのなのが松ぼっくり!
中心の透明なぷくっとしたのが新芽なのだそうです!見える?

ガイドツアーは八幡沼をぐるっと周って頂上に戻るというコースなのですが、私は八幡沼を過ぎてさらに黒谷地まで行きたかったので、山頂に着いた時点でガイドツアーから離れて先を進みます。

 

八幡平に行く人にはお伝えしたいのですが、ここからがいいんです!

この辺りから石畳の道ではなく木道になります。尾瀬っぽいね。

さらに進むときれいな山道。

 

進むとほどなくして黒谷地の展望台に到着。

さて、戻ります。黒谷地から戻るところから見る景色が一番きれいでした。
八幡沼を周って帰るコースだと見られないので、ぜひ足を延ばすことをおススメします!

 

途中で福田パンを2個消費します。2つ目はピーナッツ。
ランチパックだとピーナッツが一押しなのですが、福田パンのピーナッツはペーストがしっかり塗られているだけに、ちょっと私にはくどかった…(甘いものがさほど得意ではない)。

最後はメンチカツ!メンチカツは間違いない感じ。
3つのうちではコンビーフが一番好みだったかな。

はい、頂上に戻ってきました。

ここからそのまま徒歩で藤七温泉を目指します!

途中、県境を越えた模様。

眼下に見えるのが藤七温泉。露天風呂が道路から丸見えです。

入湯料は600円。露天風呂は混浴なので行くにはバスタオルで体を覆う必要があります。
バスタオル持ってきてないし、現地で買うと1000円するしで断念。

まあ内湯で十分でした、というかすごく雰囲気のある内湯。
洗い場はシャワーノズルなし、蛇口はお湯と水の調整が難しいので、軽く身体を洗うだけ。

お湯は硫黄系の濁り湯。いやーさすが東北、秋田!最高の泉質です!
クセのあるお湯、特に硫黄泉が好みの私としては大満足でした!

帰りは藤七温泉前から自然散策バスに乗り込みます。

失敗したのは、頂上駅で帰りのチケットを買っておけばよかったこと。
そうしたら帰りも1300円で済んだのに。
普通に乗ったら1500円ちょいでした。

盛岡駅に17時半くらいに到着。

夕食はやっぱり盛岡冷麺かじゃじゃ麺でしょ!

季節的にじゃじゃ麺をチョイス。

駅ビルのフェザン内にあるじゃじゃ麺発祥のお店らしい「白龍(パイロン)」でじゃじゃ麺をいただきます!

 

中盛600円。

 

〆はちいたんたん50円。

うーん、麺がもちもちしてておいしい。
味付けが自分で自由にアレンジできることは知らなかったです。
個人的にはにんにくをたっぷり入れるのがおすすめかな。

さて、あとは帰りの21時55分のバスまでまた時間をつぶします。
今回はモバイルバッテリーの充電をミスっていたので、フェザン内のプロントで飲みながら充電してバスを待ちます。

帰りもウィラートラベルのバス。
さすがに2日連続の車中泊は厳しかったです。写真も撮り忘れたくらい。
普段はむくみとは無縁の私でも足のむくみが半端なかったです。。。

まあなにはともあれ、朝5時過ぎにバスタ新宿に無事帰着。お疲れさまでした!

【旅程&費用】
9/28 2255バスタ新宿
| (高速バス、7500円、じゃらんポイント適用で6200円)
9/29 0610盛岡駅
0910
| (自然散策バス、1300円)
1100八幡平頂上

八幡平頂上(11:23)・・・八幡平山頂(12:01)・・・陵雲荘(12:10)・・・源太森分岐(12:20)・・・源太森・・・黒谷地湿原(12:46)・・・源太森(13:12)・・・源太森分岐(13:19)・・・八幡平頂上(13:48)

1524くらい?藤七温泉
| (岩手県北バス、630円)
1024くらい?奥多摩駅着。
1030奥多摩

1159新宿

コメント