200927大台ケ原山【関西遠征】

先週末は台風の影響で関東以北は天気が悪そうだったので、天気予報で晴れの関西に行ってみることにしました。

いろいろ迷った結果、なんとなく大台ケ原山を選んでみました。前週はがっちり登ったので少しピクニック気分であるける場所にしようと思ったこと、調べてみると『秘境』という言葉に惹かれたためです。

ということで例によって深夜バスです。大阪は乗車時間も長いのでちょっと贅沢して3列シートにしました。

東京駅を23時半に出発。ぐっすり眠ります。

大阪は天王寺(あべのハルカスのすぐ近く)に着いたのは翌朝7時20分。

ここから急いで大阪阿部野橋駅に向かい、特急に乗り込みます。

というのも大台ケ原山まで行くバスは、現時点では一日たった1往復しかなくて、それに間に合うにはこの特急に乗らないと間に合わないのです。

バス会社のHPに掲載されていた時刻表では1日2往復の運行のはずなので、2便目には特急に乗らなくても間に合うのですが、NAVITIMEやYahoo!乗換案内で検索すると出てくる便は1便のみ。

せっかく関西まで来て特急料金ケチって登れないのはなしなので、特急に急ぎます。

慣れない土地で目指す電車を探すのは大変でしたがなんとか乗り込みます。

駅のコンビニで朝食を買い込みます。
なんか関西限定ぽいサラダ。天かすや、下には焼きそばが入っていました。味はというと微妙。。

1時間ほど電車で移動します。特急なおかげでトイレが広くてきれいなので身支度を済ませます。

着いたのは奈良県の大和上市駅。桜や葛で有名な吉野の近くです。

以前友人と京都、奈良のお寺巡りをしたときに室生寺を訪れて以来です、このあたりに来たのは。友人がとてもお寺に詳しかったのでいろんなお寺を1週間くらいかけてみたのは楽しかったなあ。

さて話は戻って、駅に着くとすでにマイクロバスが止まっていて、ハイカーが並んでます。バスが小さいので乗り込めるかちょっと不安になりましたが、無事乗れました。

そしてここからなんと1時間50分も乗るんですよ!どんだけ遠いの。ここでもぐっすり。

到着して帰りのバスの時間を確認するためバス停の時刻表を見てみると、これ。

バス会社のホームページにもちゃんと反映してほしいです。。

NAVITIMEやYahoo!乗換案内は偉大ということを再認識した次第。

さて、着いたはいいのですが、・・・晴れてないよ?

釈然としないまま出発。

大台ケ原山は東側と西側に分かれていて、西側は許可を得ないと入れないとのこと。

もちろん直前に決めた私が周るのは東側。時計回りか反時計回りかという選択肢があり、今回は時計回りで。

とてもよく整備された道が続いていて、軽装で歩いている人もたくさんいました。

30分ほど歩くと山頂に到着。

天気予報って・・・。

後になって知ったのですが、まあ、このエリア、非常に雨が多い地域なのだそうです。。。

ひとつもみえません
むなしい

道の脇は笹だらけ。

なんでもこの笹が繁茂したのと、鹿のせいで植生が悪化したのだとか。

雨が多いだけあって、苔がきれいでしたね。

植生が荒れた後の様子が広がります。

少しだけガスが薄くなった!

そして展望ポイントである大蛇嵓へ。

・・・え、これ?と思ったのですが、これは登るものなのですね。

登ってみました。

うおお!やっとやっといい景色!

そして遠くに滝が見える!

なんでも日本の滝百選にも選ばれてる「中の滝」らしいです。

そのあとはシオカラ谷を通って、駐車場に戻ります。

バスまで少し時間があったので、上北山村物産店におじゃまします。

ここはモンベルのフレンドショップになっていて、コーヒーが通常350円とのころ、モンベル会員だとなんと300円引きの50円!

そしてバスに再び2時間近く揺られて大和上市駅へ戻ります。

そして帰りは再び深夜バス。

翌朝6時前に新宿到着。途中休憩も眠りまくっていたのに、家帰ってさらに昼過ぎまで寝続けました。やはり高速バス2日連続はきつい。

コメント