ジャイアント・リープ

やっと、やっと!

今年初めての山歩き報告ができます。

前回も書きましたが、今は毎週抗がん剤と格闘する日々。副作用は様々ありますがわたしにとっての一番は倦怠感。月曜に投与し、火・水はステロイドである意味ドーピングされて元気というか眠れない→木曜はドーピングが切れて怠い→金曜は午前は怠いけど午後は突然元気→1週間がんばったー!からのお酒飲む→飲みすぎる→土曜日ダウン↓→日曜は回復&家事に専念→翌週に続く、という悪循環が続いておりました。

だったのですが、やっぱりやっぱり山に行きたいんですよ。

なのでがんばって今回の週末はお酒をがまんして、満を持して挑んだのが今日、日曜です。

昨晩も早く眠って、今日はうまく4時半くらいに目が覚めたのでご飯を炊きながら身支度。

高尾山口駅に到着したのは朝7時。清滝駅までにすごいよい景色が広がってました。

いつもの稲荷山コースを登ります、が、きっつい。

いやあ、本当にすっかり筋力も心肺機能も低下してますよ。心臓に負担がかかる抗がん剤も投与されているので慎重にゆっくり登ります。

でもね、本当に楽しい!快楽物質が脳内にどばどば出ている感じがします。

ここ最近は家に引きこもっている上に抗がん剤の副作用に苦しんでいるせいでネガティブで、仕事に対しても自分は他の人に置いて行かれているし、やりがいも見つけられなかったりとマイナスなことばかりを考えていたのですが、あら不思議。山を登っていると新しい企画案が浮かんでくるではないですか。

自分の中になかったものが浮かんでくる、これはすごい力だと思います。

企画案を練りながらいつもよりずいぶん時間をかけて登ります。途中いいアイディアが思いついたら忘れないようスマホでポチポチメモしながら。体力を失った身としてはちょうどよい感じでした。

さて、山頂到着。珍しく自撮り棒で撮ってみました。

髪も眉毛もまつげもすっかり抜けているのをキャップとサングラスでカバー。そしてめっちゃ顔がむくんでますが、気にしない!

しかし体力不足は甚だしいです。今週も昨日45分くらいウォーキングしたほかはろくに運動もしていないので、高尾山さえも山頂に登るまででへとへと。万全な時は稲荷山コースは45分で登れていましたが、今回は1時間15分くらいかかりました。

うーん、丹沢のバカ尾根とかは現時点では結構遠い目標かも。
まあ、仕方ない。
失った筋力や体力を惜しんでもね。山はゆっくりでも登れればいいのだ!

ということで、山自体が約半年近くぶりなので無理せず、下りはリフト使いました!

それにしても思ったよりケーブルカーやリフト乗り場って下にあるのね。薬王院を過ぎてしばらくしてようやく乗り場に到着。

ゆっくりゆっくり下ります。このゆっくり加減がいまのわたしにはちょうどよい感じ。

途中の植栽もきれいに手入れされていて、のどかな風景を眺めているうちに麓に到着。

はー、楽しかった。
次回は高尾山往復が目標かな。

タイトルは宇宙飛行士のアームストロング氏の有名な言葉から引用してみました。てっきりジャイアント・ステップって表現だと思っていたらステップではなくリープでした。
好きな漫画で「ベイビーステップ」という作品があるのでてっきり。

またね!

コメント

  1. 旦那 より:

    高尾山、良いですね、いつでも温かく待ち受けてくれて。
    一歩一歩回復へのステップ重ねられているようですね。

    自分、歳ですかね、先月テニスで左膝を痛めてしまい登山自重しています。
    昨日は久しぶりに中学の同級生と地元の大小山に登って来ました。
    昔話に花が咲き楽しかったです。

    • nipopo より:

      旦那さんいつもありがとうございます。高尾山はわたしにとって原点になったみたいです。昨日も登って今度はちゃんと自分の足で下ってきました。膝心配です。あまりひどくないといいのですが。膝痛いと山はつらいですからね、ムリせず楽しんでくださいね!