もはや山歩きですらないのですが

こんにちは!
ようやく抗がん剤の副作用の倦怠感がだいぶ抜けて動けるようになりました。
放射線治療は6月中旬から7月上旬まで行うことになりました。事前レクによると運動は水泳以外はOKということだそうなのですが、胸部に照射するのでザックのショルダーハーネスが擦れてしまうのでは?という不安が出てきました。

どのくらい影響が出るかは正直治療を始めてみないとなんともいえないので、とりあえず治療前のこのタイミングで山に行っとくことにしました。

ただ、本当に体力は落ちたんですよ。
一日中起きてソファに座り続けることすらきついくらい。すぐベッドで横になりたくなるんです。数日前からスクワットも始めたのですが30回でもしんどい。

なのでほんと行ける場所は限られていまして、でも毎度毎度高尾山もなあ、ということで今回選んだのは青梅の御岳山。2018年の紅葉の時期に訪れて以来です。

ここならケーブルカーで登れば山頂まではそれほど登らなくてすみます、というかすべて舗装路です、ははは。
果たしてこれを山歩きといっていいのか?ハイキングならありか?
そんなことをつらつら考えながら電車に揺られて御嶽駅に到着。

ここからはバスで10分弱。「ケーブル下」で下車して少し坂を上るとケーブルカーの滝本駅です。

一昨年訪れた時は紅葉の時期に始発を目掛けていったので行列ができていましたが、今日は小雨まじりの天気ということもあって空いてました。

10人いなかったです

御岳山駅へ到着。ここにもオリンピックのモニュメント設置されているのね。

ぽつーん。

ここからは30分弱。

途中は宿坊や飲食店が立ち並んでいますが、多くがしまっていて人通りもほとんどなく閑散としていました。飲食店はお蕎麦屋さんが一軒営業していたのと、宿坊には〇〇御一行様の文字が並んでいたりしたのですべてが閉まっているというわけではないようです。

さて、鳥居に到着。ここからは階段続きです。

ケーブルカーを降りてから高度は100m弱しか上がらないのですがまあしんどいです。
そりゃあスクワットでへばるくらい体力落ちてるのですから当然といっちゃあ当然なのですが、凹みはします。一度失ったものを取り戻す大変さよ。
途中途中にあるベンチがありがたい。

お犬様のベンチかわいい

途中休みつつも、ひいひい言いながらなんとか登りきりました。

まずはお参りをした後は授与所で御守りを買います。
それがこちら!

そう、今回の訪問の目的はがん封じ祈願。

実は御岳山に行こうと思ったのは先に書いたとおり単に高度差がほどよいからという理由だったのですが、下調べをしていたらこの御守りがあることを知り、ぜひ行ってお参りせねばと思ったのです。

御守りは天然石に「がん封じ」の文字が彫ってあるのですが、石も文字もいろんな色があったので縁起がよさそうな金色の文字のを選びました。
ご利益がありますように!

あ、そうそう。山頂標も忘れずにチェック。奥まったところにあって前回は気づかなかったんですよね。

それにしても疲れました。帰りももちろんケーブルカーで降りました。
前回はここから大岳山まで行ったのよねえ(遠い目)。そこまで体力戻すのにどれだけかかるんだか。

でも、山から離れると早起きがおっくうになるしブランクがあればあるほど登りがしんどいのでね。今回行けたことは復帰への第一歩を踏み出せたと前向きに捉えていますよ。
来週もどこかに行けるといいな。天気次第ですかねー。
ではまた!

コメント